スマホやパソコンを1日中いじっている生活をしていると、気づくとひどい猫背になっていたりします。

猫背って、1日2日で急になるものではなくゆっくり時間をかけてなるものなので、自分でも気づかないうちに猫背がひどくなっていたりして、ふと鏡に映る自分の姿にギョッとしたりしますよね。

この前、デパートのトイレに入ったら、入り口に大きな(そしてピカピカの)姿見がありました。

ちょっと不意打ちでいきなり目の前に自分の姿を映し出されたので驚いたのですが、それ以上にびっくりしたのが、自分の猫背っぷり。

なんだか、やる気のない、締まりのない姿がそこにはあったのです。

肩が下がって前に入っていると、それだけでだらけた様子に見えてしまうもんなんですね。改めてはっと気づきました。

「こんな変な格好で外を歩き回っていたなんて!」

と少し恥ずかしくなり、とりあえずトイレから出るときには背筋をシャンと伸ばして肩を後ろに引き気味にして歩いてみることに。

そしてもう一度トイレの入り口にある大きな姿見の前で自分の全身を映してみました。

ちょっと意識しただけで、これだけ印象が変わるもんなんだなーというくらい、イメージがすっきりしゃっきりして見えます。

入るときのダラっとした印象から、シャキッとした印象に。

そして、この日は一日意識して背筋を伸ばして歩くように心がけてみました。

すると、これは自分でも不思議だったのですが、姿勢をよくすると、自分の中の意識も変わって、なぜか堂々とした、そしてビシッとした気持ちで周囲を見渡すことができるようになったんです。

姿勢って、メンタルにもこんなに大きな影響を及ぼすんですね。

たしかに、気持ちが落ち込んだりがっかりすることを「肩を落とす」なんて言い方をしますし、実際落ち込んだときは肩が落ちちゃうんです。

だったら、そのメンタル=姿勢の密接な関係を逆手にとって、たとえば落ち込んだときや気分が乗らないときこそ、背筋を伸ばしてみるといいでしょう。

まずは形だけでも「背筋を伸ばしてシャキッとする」を実行することで、だんだんと見える視点が変わってきます。不思議ですけど、実際にやってみた実感です。

自己プロデュースって大事なんですね。まさに「上を向いて歩こう」です!

物事を見る視点がポジティブになれるような気がします。

ただ、実際にその日1日背筋を伸ばして歩いてみて意外と大変だったことは、「背筋を伸ばし続けること」。元も子もない話ですが(笑)、猫背気味の人にとって、背筋を伸ばした状態を長く続けるっていうのはけっこう大変なんですよね。

少しでも他のことに気を取られると、すぐに元のだらっとした姿勢に戻ってしまいます。なので、この日は常に「姿勢」のことを気にしていました。

なので、もし猫背がひどくて長時間正しい姿勢を保つ自信がないという人は、姿勢矯正グッズを使ってみるのがいいかもしれませんね。

猫背矯正 インナー メンズなんかは楽に姿勢矯正できるから使ってみる価値はあると思いますよ。